電球アクアリウムの作り方

 点かなくなった電球を入れ物にして、水中の世界を作ってみました。

120928-165510(1).jpg

 ナツメ球。
 中の金魚も手作りです。

120929-075934(2).jpg

121002-203158(1).jpg

 通常より大きめの電球(100W)なら、こんなこともできます。

120929-075934(1)(1).jpg

121002-203410(1).jpg

 なお、入っている水の量は210mlです。
 アクセサリーショップ等でアカヒレを入れて、「コッピー」の名で売られている瓶の容量とだいたい同じです。

 電球の加工は、以下のとおりに行いました。

《 ご 注 意 》

 電球の加工には大変な危険を伴います。
 具体的には、ガラス片への接触や飛散等によるケガ、失明等の危険を伴います。
 本記事は、電球の加工を推奨するものではありません。
 もし挑戦する場合は、最低限、次のような安全策を実施するようにしてください。

・作業時には、両手ともに軍手(滑り止めのゴムがついたもの)を履いてください。
・ガラス片の飛散による失明などの危険を予防するため、作業用ゴーグル(100均で売っています)、マスクを着用するなどの安全策を講じてください。
・作業する場所は、屋外など、ガラス片が飛散しても安全で、後片付けができる場所を選んでください。
 やむを得ず屋内で作業をする場合は、ガラスの飛散に対する対策を講じ、安全に努めてください。
 (例)

 ・十分に広い面積にレジャーシートを敷く
 ・作業場所の周囲を段ボールで囲う
 ・両手を入れて作業するために十分な大きさをもったバケツに水を張り、その中で作業する(破片が飛び散らないので安全です)






用意するもの

120929-083238(1).jpg
・電球
 中心電極がラジオペンチで挟める形状になっているものを入手します。
・ラジオペンチ(プライヤー)
・千枚通し(あるいはプラスドライバー)
・棒状の半丸やすり
・割り箸
 いずれの道具も、加工に伴い、多少の損傷をともないます。
 百円ショップなどで入手し、使いつぶすつもりで使ったほうがいいかもしれません。





電球の各部名称(説明用)
電球図




作業の手順

1.ラジオペンチで中心電極を挟みます。電球加工01
 電球を持つ手はソケットの部分を持つようにしてください。電球を持って作業すると、電球が割れ、ケガをする恐れがあります。

2.中心電極を力任せに捻り、引き抜きます。電球加工02
※電極が挟みづらい(丸くて硬い)電球は、加工に適していません。どうしても加工したい場合は、絶縁ガラスにルーター等で傷を入れ、そこから絶縁ガラスを破壊するとよいでしょう。

3.絶縁ガラスの中心に、中心電極が抜けた後の穴が開いています。電球加工031
 その穴に千枚通しを突っ込み、ラジオペンチの先が入る程度まで穴を大きくします。電球加工032

4.穴が充分に大きくなったら、ラジオペンチで絶縁ガラスを挟み、捻り、破壊します。電球加工04

5.絶縁ガラスをすべて破壊し、取り除きます。

6.ラジオペンチで中の金具を挟み、ねじって破壊します。

7.ステムをラジオペンチで挟み、捻ってへし折ります。電球加工07
 この際、電球の内部の部品が、電球内に落下します。
 また、ガラスの破壊にともない、気圧の関係で少し音がしますので、ご注意ください。

8.千枚通しを突っ込み、ステムの残った部分に当て、てこの原理で壊します。
 これを円周に沿って一周分おこないます。

9.ステムの部分をあらかた壊したら、バリをやすりで削ります。電球加工09
 ただし、接着材(ガラスとソケットの接着部分を埋めています)まで削らないようにします。

10.電球を逆さにし、電球内の破片を外へ捨てます。電球加工10
 必要であれば、ラジオペンチで中身を引きずり出します。

11.中を水洗いします。
 水を3分目程度注ぎ込み、振ることで、白い塗装が流れ落ちます。
 ガラスの破片が含まれた水を排水することになるので、扱いに気をつけてください。

12.何度か中を水洗いしたら、中の水分をふき取ります。
 最初にティッシュペーパーを1枚つっこみ、割り箸を入れ、スパゲッティをフォークに巻きつける要領で割り箸にティッシュペーパーを巻きつけたのち、中の水分を拭き取ります。

13.電極側を上にして安定して立てる状態にし、乾かします。

14.針金を巻きつけます。
 百円ショップ等で売られているアルミニウム線は、柔らかいので加工しやすいですが、電球の重量を支えきれないため、お勧めできません。
 耐荷重と加工のしやすさとを考えると、太さ2mm程度の銅線が望ましいでしょう。
 ただし、電球の中に水を入れる場合は、銅線でも支えきれません。
 その場合、電球の底が床に接触する前提で使うことになるでしょう。





活用方法

★花瓶として
 花を一輪差しし、机に置いてみましょう。
 水を入れすぎると重みで電球が下がるので、気をつけてください。
 長すぎる植物を生けた場合、転倒の危険がありますのご注意ください。

★テラリウムとして
 エアープランツを入れたり、ミズゴケと植物を入れたりして、見栄えのよさを追求してみましょう。
 湿気が多すぎると、カビが発生することがあるので気をつけましょう。

★電球アクアリウムとして
 酸素の少ない環境に耐えるアカヒレであれば、飼育することができます。

 アカヒレはペットショップ・ホームセンターなどで1匹20~50円で売られています。
 また、200ml程度のボトルに入れて「コッピー」という名前で売られていることもあります。

 水の浄化と酸素の補給のため、マツモ(ペットショップやホームセンターで売っています)を1本入れておくといいでしょう。
 店頭では1本では売ってくれないと思いますので、残りは予備に置いておきましょう。

 水質の安定のために底砂や底石を入れ、バクテリアの繁殖を促すこともできますが、水質を安定させるにはあまりにも水量が少ないので、新鮮な水を一定量、こまめにスポイトで入れ替えするほうが現実的でしょう。
 水は水道水をそのまま使わないようご注意ください。中和剤や汲み置きなどで、カルキを抜いた水を使ってください。

 冬は5℃までの低温に耐えられるといわれていますが、保温のため、常に通電している家電製品(冷蔵庫やモデム、HDDレコーダなど)の近くに置いたほうがいいでしょう。
 ただし、万一の破損の際に、家電製品に中の水が掛からないようご注意ください。
 百円ショップなどで植木鉢用の皿を用意し、その上に置くとよいでしょう。





使用上のご注意

・材質の特性上、衝撃には大変弱いので、取扱いには充分ご注意ください。
・破損した場合、片付けには充分ご注意ください。破片で怪我をする恐れがあります。
・中に水を入れた状態で破損した場合、中の水が漏れ出すことになりますので、設置場所には充分ご注意ください。






↓読まれた証に、一押しお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 観賞魚ブログ コイ・錦鯉へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : こんなの作りました♪
genre : 趣味・実用

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私、気になります!
月別アーカイブ
プロフィール

部屋で鯉。の人

Author:部屋で鯉。の人



にほんブログ村 観賞魚ブログ コイ・錦鯉へ
にほんブログ村

私、気になります!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
私、気になります!