スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦時中のプロパガンダ週刊誌にレールガンを見た

 以前に紹介した「寫眞週報」(写真週報)の、別の号を紹介します。

 主な内容は
フィリピン独立
秋の実りに感謝
電気通信兵器
 の3本です。


 「写真週報」は、すべて国立公文書館 アジア歴史資料センターのサイトで内容を閲覧する事が可能ですが、画質にかなり難がある(読めない部分が多い)ため、この日記ではブログの容量の範囲内でそこそこ高画質(見開きでおおよそ横2000×縦1400ピクセル)の画像を使用しています。
 サムネイルをクリックし、表示された画像をさらに右クリックでお使いのパソコンに保存し、それを表示させ、ズームすることにより、最高の画質で閲覧することができます。
 当時を知る資料としてご覧ください。



 今回紹介するのは、写真週報 第295号(昭和18年(1943)10月27日発行)です。
 以前に紹介した第221号が昭和17年(1942)5月20日発行ですから、1年半程度後の号になります。
 この年の4月18日には、山本五十六ブーゲンビル島上空で戦死していますが、その事実が公表されたのは5月21日であり、6月5日には国葬が営まれています。
 かいつまんで言えば、日本が敗戦への崖を転落しつつある最中でしたが、本土への本格的な空襲はまだなく、一般人はさまざまな統制の強化や召集令状によって、間接的に戦況を感じ取っていたのではないかと推察します。

101.jpg
 本号は、フィリピン独立特集のようです。
 表紙を飾るのは、フィリピンのラウレル大統領です。
 18ページに説明があります。

102.jpg
 ちょうど稲の収穫期のため、それに即した内容になっています。

102(1).jpg
 戦意高揚のためでしょうか、転載等の利用を奨励しています。

103.jpg
 東久邇宮盛厚王殿下・同妃殿下の結婚式が行なわれたことが記載されています。
 なお、のちの昭和22年には皇籍を離脱することになります。

104-105.jpg
 昭和18年(1943)10月14日のフィリピン独立についての記事です。
 大航海時代以来、スペインやアメリカの植民地となっていたフィリピンでしたが、2年間の日本軍の軍政を終え、フィリピン人によるフィリピン人の統治が始まった、とあります。
 なお、戦後には一旦アメリカの植民地に後退しますが、その後すぐに再独立を果たす事になります。

104-105(1).jpg
 左端の女性はアキノ夫人とありますが、のちにマニラ国際空港で暗殺されたアキノ氏(ベニグノ・アキノ・ジュニア=後のアキノ大統領の夫)の母親ということになるのでしょうか。

106-107.jpg
 軍政の間に作られた学校によって、フィリピン人の学力の向上が図られていること、併せて日本語の普及も進んでいる、とあります。

108-109.jpg
 アメリカの植民地時代にはモノカルチャー経済を強制され、経済的にアメリカに従属していたこと、軍政開始後には、それまで禁止されていた工業製品の生産ができるようになり、アメリカ依存の経済からの脱却を始めた、と書かれています。

110-111.jpg
 陸軍少年戦車兵学校を舞台にした映画「富士に誓ふ」を元に、同学校の募集広告を行なっています。

112-113.jpg
 前線の兵士が寄稿した俳句や短歌など。
 左上の短歌から、すごく甘い香りが漂ってきますね。

114-115.jpg
 農村の収穫レポート。
 一粒のコメも無駄にしてはいけないのは、昔も今も変わりません。

116-117.jpg
 さて、今回の「寫眞週報」を公開したのは、実はここからのページを公開したかったからというのが大きな動機です。
 題して、新兵器の科学 4・電気通信兵器です。
 「4」ということは1~3もあるのですが、前述の国立公文書館 アジア歴史資料センターのサイトでバックナンバーが読めますので、興味のある方はそちらをどうぞ(ただし、字が潰れていて読みにくいとは思います)。

 このページでは、主に無線通信と有線通信それぞれの利点と欠点について述べられています。
 現在の携帯電話に、雑踏の中でも音声をはっきりと伝えることができるよう、咽喉マイク(声帯マイク)を搭載したものがありますが、当時すでに咽喉送話機によって、斥候中に声を出さずに通話することができたようです。
 また、無線による遠隔操縦や、遠隔カメラ(本文中では「電視(テレビジョン)」と表記されています)について、また、それらを組み合わせることの効果についても触れられています。

118.jpg
 ページ上の囲みでは、当時のテレビジョンの原理が解説されています。
 ウィキペディアで機械式テレビジョンと紹介されているものですが、映像を電気信号に置き換えて送信し、受信側で電気信号を映像に復号するという原理は今のテレビと同じです。
 また、このページには「電氣砲」(いわゆるレールガンが紹介されています(「レールガン」と言っても、列車砲のことではないのでご注意を)。
 一般の砲が、火薬の爆発力によって弾丸を発射するという原理上、火薬の膨張速度という限界を抱えているのに対し、レールガンは理論上では無限の加速を得ることができるとされています。
 米軍では現在でも開発が続けられており、2020年代の実用化を目指しているそうです。

119.jpg
 実りの秋ということで、お題は「増産の秋」。

120.jpg
 裏表紙は、三和銀行(通帳、持ってました)の広告です。
 据置貯金というのは、今の定期預金のようなものだそうです。

120(1).jpg
 本誌を戦意高揚のために有効に活用してください、とのことです。


↓読まれた証に、一押しお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 古本
genre : 本・雑誌

comment

Secret

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私、気になります!
月別アーカイブ
プロフィール

部屋で鯉。の人

Author:部屋で鯉。の人



にほんブログ村 観賞魚ブログ コイ・錦鯉へ
にほんブログ村

私、気になります!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
私、気になります!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。