スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞬間停電からパソコンやHDDレコーダを守る

パソコンやHDDレコーダを停電から守るため、オムロンのUPS(無停電電源装置)を使っています。

20141028-195114145-1.jpg


日本では長時間の停電はめったにありませんが、台風や雷などの自然現象による不意の瞬間停電(以下、瞬断と書きます)は、パソコンやブルーレイレコーダなどの情報機器にとっての大敵です。

また、古い家では、現在のように電気をバカ喰いする家電製品(エアコンや電子レンジ、アイロンやホットカーペットなど)を一度に多く使うことを想定していないため、使い合わせによっては、ブレーカが落ちてしまうことがあります。

瞬断によってパソコンの電源が切れてしまう事故は、それまでの作業が失われてしまうだけでなく、内蔵されているHDDが故障する原因にもなります。
その場合、保存していたファイルが壊れるだけでなく、パソコン自体が起動しなくなる場合もあります。
(ノートパソコンの場合はバッテリが内蔵されているので、経年劣化でバッテリが弱っているとしても、瞬断程度なら耐えてくれるでしょう)
ブルーレイレコーダの中にもHDDが入っているので、瞬断により、録画内容が吹っ飛んでしまったり、録画できなくなってしまう可能性があります。

そんな危険から精密機器を守ってくれるのが、UPS(無停電電源装置)です。
中にはバッテリが入っており、停電時にはバッテリからの給電で、止まった電力をカバーしてくれます。

UPSで有名なものは、サーバ用に使われるこういったもの↓ですが……


こういったものは、停電でも止めるわけにはいかないサーバに電力を供給し続けるためのものだけに、価格がとっても業務用です。


もちっと安い、パソコン向けのものでも、こんな値段です。
会社によっては、重要度の高いパソコンにだけ、これを繋いでいることもあるようです。

「APCなら知ってるけどシュナイダーエレクトリックってどこ?」って方もいらっしゃるかもしれませんが、ちょっと前に社名が変わっていて、現在では「APC」の名前はブランド名として使われています。

「何分も持たなくていいから、瞬断に耐えてくれる、とにかく安いのはないの?」
ということで、一番安いのを探したら、こちらに行き着きました。


なんといっても、とにかく桁違いに安いのが魅力です。
一般的なUPSは、USBでパソコンと繋ぐことができ、停電が長引いてバッテリが上がりそうになるとパソコンを自動でシャットダウンしてくれたりするんですが、これは本当にテーブルタップに電池がついたような代物です。
とはいえ、瞬断程度なら完全にカバーしてくれますし、UPSの給電が続く間に作業中のファイルを保存し、パソコンを安全にシャットダウンすることができます。
うちの場合、液晶モニタとパソコンを繋げて、UPSの電気コードをコンセントから抜いたところ、2分経過後にバッテリ容量低下ブザーが鳴りました。
2分も持てば、作業中のファイルを保存してパソコンをシャットダウンすることができますし、もちろん落雷時の瞬断対策としてもOKです。
シャットダウンまでバッテリが持つのか不確実な場合は、作業中のファイルを保存してからパソコンをスタンバイさせれば、とりあえずHDDは止まるので、HDDまわりの故障は回避できるでしょう。

また、停電が長期間にわたる場合は、パソコンをシャットダウンした後の余った電力で携帯電話やスマホなどを充電することも可能でしょう。

実はこのUPS、買ったのは5年以上前で、バッテリが寿命を迎えても交換して使い続けています。その間、瞬断の際に何度も助けられました。
Amazonでの評価が低いのを知ってびっくりしたのですが(APCといえばサーバ用に使われる堅牢なUPSというイメージがあった)、うちのはきちんと動いてくれているので、早めにユーザ登録とパソコン以外の家電製品での試運転を済ませ、不良品を掴んだ場合は即座に交換するのが得策でしょう。

「もう少し出費してもいいから、安心が欲しい」
という場合は、オムロン製のUPSもあります。


これくらいお金を出せば、停電が長引いた場合にパソコンを自動でシャットダウンしてくれる機能もついてくるのですが、そもそも家でパソコンを使っている時はその場に人間がいてシャットダウンできるでしょうから、上のAPCの機種とどちらを選ぶのかは、不良品を掴んだときの手間賃をどう見積もるかで決めればいいでしょう。




ここからは余談です。

会社で瞬断が発生したときに、古いパソコンは耐えたのに、新しいパソコンは片っ端から電源が切れてしまった、なんてことがありました。
上で紹介したUPSみたいなごついものじゃなくていいので、瞬断に耐える程度の簡単な「雷サージタップ+α」みたいなものがないのかと思って探したのですが、そういうものは見つからないようです(どこかで商品化してくれませんかねぇ)。
「停電したらバッテリから給電すればいいだけ」程度に考えていたんですが、コンセントからの電力と同じような安定した正弦波の交流電力(安いUPSでは矩形波で代用しています)を供給するというのは、難しいことのようです。
なにしろ日本って国自体が「いまだに50Hzと60Hzの統一すら出来ていなくて非常時に困る」ってことが、震災で露呈しちゃいましたからね・・・。その点ヨーロッパは隣国と電力を融通できるので、気楽なものです。

とはいえ、パソコンの中で使用される電力は直流の12Vや5V程度なので、電源ユニットに瞬断をカバーできるちょっと大きめのコンデンサを積んで、法人向けモデルとして用意してくれれば、需要はあると思うんです。
それであまりに価格が上がるようなら「安めなUPSを別途購入して、何台かのパソコンを繋いだ方が安い」って結論になってしまいますが。だから誰も作らないのか。
(追記)すみません調査不足でした。売ってました。
株式会社ニプロン「ノンストップ電源がお客様のシステムを停電から護ります!」
https://www.nipron.co.jp/extra/psu/nonstop/

んーでもやっぱり、UPSの方が複数台のパソコンをカバーできますよね・・・。



↓読まれた証に、一押しお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 周辺機器
genre : コンピュータ

comment

Secret

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私、気になります!
月別アーカイブ
プロフィール

部屋で鯉。の人

Author:部屋で鯉。の人



にほんブログ村 観賞魚ブログ コイ・錦鯉へ
にほんブログ村

私、気になります!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
私、気になります!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。