大和ミュージアム

20140504-0928560-1.jpg
 呉市の呉市海事博物館(通称・大和ミュージアム)に行きました。


 本博物館の展示資料はその内容・質ともに膨大なボリュームを誇っており、その全てを書き記すことはとても不可能です。
 この日記を読まれた皆さんには、機会があればぜひとも大和ミュージアムを訪れ、その展示物を実際にご覧いただきたいと考え、紹介は最小限にとどめたいと思います。


 先日のてつのくじら館の日記でも触れましたが、呉市は、終戦まで軍港として栄えていました。
 特に、呉は内海に位置していたため、外海からの備えとしての基地としてだけではなく、開発・生産の拠点として隆盛を極めました。

 てつのくじら館は海上自衛隊の施設でしたが、こちらは呉市が運営しています。

20140504-0930021-1.jpg
 朝から行列ができています。
 右にはてつのくじら館の潜水艦が見えています。
 道路を挟んで真向かいにあるので、ハシゴが可能です。

20140504-0930021-2.jpg
 施設前に展示されている主砲・スクリュー・舵は、戦艦・陸奥のものです。
(最近では艦これのおかげで説明する必要がないのですが)陸奥は戦前に建造された巨大戦艦で、戦艦長門・米戦艦3隻・英戦艦2隻と合わせてビッグセブンと呼ばれていました。
 しかし、昭和18(1943)年に謎の爆発事故を起こし、失われてしまいました。
 のちに引き上げが行われ、現在とは違う技術で精錬されたその金属は、陸奥鉄(Wikipedia)と呼ばれ、貴重な金属として復活しました。

 陸奥が建造されたのは横須賀ですが、主砲などのパーツは呉で製造されたため、ここで展示されています。

20140504-0930142-1.jpg
 41センチ主砲。
 4番主砲塔左のもので、呉で開発され、室蘭で製造されたものです。

20140504-11591010-1.jpg
 後ろはこうなっています。

20140504-1158428-1.jpg
 スクリュー。

20140504-1158246-1.jpg
 舵。

20140504-12025616-1.jpg
 いかり。

 では、さっそく中に入りましょう。

20140504-12120619-1.jpg
 大和ミュージアム最大の目玉・戦艦大和1/10模型です。
 とにかくでかすぎて、目の前にこれがあることが理解できません。

20140504-142356274-1.jpg
 細部にいたるまで丁寧に作りこまれています。

20140504-143226289-1.jpg
 艦載機までも。

 とてつもない手間がかかっている(と思う)ので、こう書くのは憚られるのですが、なんとか海の上を航行させる方法はないものかと考えてしまいます。

 この模型は、とにかくその大きさに圧倒されますが、資料コーナーでは、その質と量に圧倒されることになります。
 戦艦大和は、当時の日本の技術を結集して作られた艦であり、それによって培われた

・造船技術
・鋳造技術
・家電技術
・検査技術
・光学技術
・生産管理システム


 等々が、戦後の技術立国・日本発展の礎となっていることが、多くの資料により示されています。

 展示では、大和の製造から沈没までの軌跡を、当時の搭乗員の手記や、海底から引き揚げられた物品とともに辿ることができます。

 また、現在、海底で眠りについている大和の姿を再現した模型があります。
 宇宙戦艦ヤマト(リメイクの2199でない方)では、ヤマトは海底の戦艦大和の残骸をカモフラージュとして改造されたことになっていたため、艦体が二つに分かれた状態で沈没していることが分かった際の新聞報道では、宇宙戦艦ヤマトをデザインした松本零士氏が「残念だ」とコメントしていた記憶があります。

 さすがに1/10模型だけでは全容が理解できないということなのか、付近には最終改装時の1/100模型も展示されています。

 大和ミュージアムの魅力は、大和だけではありません。
 戦前・戦中の呉では、数多くの軍艦が作られました。

20140504-12214636-1.jpg
 戦艦・金剛(Wikipedia)のボイラーです。
 金剛はイギリスの会社で製造されたため、このボイラーもイギリス製なのですが、改修の際に取り外され、近年まで暖房用のボイラーとして実際に使われていたそうです。
 この付近には、金剛の最終改装時の1/100模型があり、艦載機も搭載されています。

 当館で展示されている模型は、大和1/10モデルだけでなく、その質・量も圧巻です。
 以下に、展示されている模型を列挙してみます。
(あまりにも数がすごいので、漏れていたらごめんなさい)

長門(戦艦)縮尺:1/100(Wikipedia
 改装により、煙突が2本から1本となった状態の模型です。

 長門は、終戦まで生存した唯一の戦艦です。
 戦時中は、大和・武蔵の存在は機密だったため、一般国民の間では長門こそが日本の戦艦の象徴でした。
 その最期は、アメリカの原爆実験で2度の核爆発に晒されたあと、夜中に誰にも見られることなく静かに沈んでいった……と言われています。

 別の場所には、1/200モデルや図面が展示されています。
 また、長門の実物の軍艦旗も展示されています。
 これは、テレビ番組に出品されたものを石坂浩二氏が1千万円で購入し、大和ミュージアムに寄贈したものです。

赤城(空母)縮尺:1/100(Wikipedia
 改装後の模型で、甲板には、上空から赤城(アカギ)であることを判別するための「ア」の文字の他、艦載機も載っています。
 有名な曲面煙突は展示の奥側ですが、鏡を置いてよく見えるように展示されています。

最上(一等巡洋艦)縮尺:1/100(Wikipedia
 改装後の航空巡洋艦の状態で、艦載機を搭載しています。

イ16(伊号第一六潜水艦)(Wikipedia
 甲板上に、甲標的(という名前の潜航艇(Wikipedia))を搭載しています。

イ52(伊号第五二潜水艦)(Wikipedia

イ37(伊号第三七潜水艦)縮尺:1/100(Wikipedia
 甲板上に、水上偵察機の他、特攻兵器・回天(後述)を4機搭載した状態で展示されています。

イ400(伊号第四〇〇潜水艦)縮尺:1/100(Wikipedia
 水上攻撃機・晴嵐Wikipedia)を3機搭載可能な潜水艦です。
 晴嵐を甲板に1機搭載した状態で展示されています。

イ401(伊号第四〇一潜水艦)縮尺:1/100(Wikipedia
 当時、世界最大の潜水艦でした。
 展示では、甲板に晴嵐を2機搭載しています。

イ25(伊号第二五潜水艦)(Wikipedia
 米軍基地を主砲によって攻撃(アメリカ合衆国本土への歴史上2度目、かつ最後の砲撃Wikipedia))したほか、零式小型水上偵察機による爆撃(アメリカ合衆国本土への歴史上唯一の航空機爆撃Wikipedia))も行なった潜水艦です。
 展示では、甲板に艦載機を搭載しています。

愛宕(一等巡洋艦)縮尺:1/100(Wikipedia

那智(一等巡洋艦)縮尺:1/200(Wikipedia
 複数の艦載機を搭載した状態で展示されています。

扶桑(戦艦)縮尺:1/100(Wikipedia
 艦載機を搭載した状態で展示されています。

大鳳(空母)縮尺:1/200(Wikipedia

高雄(一等巡洋艦)縮尺:1/100(Wikipedia
 命名者は「ライオン宰相」こと濱口雄幸です。
 複数の艦載機を搭載した状態で展示されています。

翔鶴(空母)縮尺:1/200(Wikipedia
 艦載機昇降用のエレベータが下りた状態で展示されています。

摩耶(一等巡洋艦)縮尺:1/100(Wikipedia
 複数の艦載機を搭載した状態で展示されています。

島風(駆逐艦)縮尺:1/200(Wikipedia

冬月(駆逐艦)縮尺:1/200(Wikipedia

雪風(駆逐艦)縮尺:1/200(Wikipedia
 数多くの主要な作戦に参加しつつも終戦まで生き延び、復員船として活動した後、中華民国(≒台湾)に戦時賠償艦として引き渡されました。
 その後、中国人民解放軍との戦闘に参加したようです。

陸奥(戦艦)縮尺:1/200(Wikipedia
 複数の艦載機を搭載した状態で展示されています。

榛名(戦艦)縮尺:1/200(Wikipedia
 複数の艦載機を搭載した状態で展示されています。

妙高(一等巡洋艦)縮尺:1/100(Wikipedia
 複数の艦載機を搭載した状態で展示されています。

伊勢(戦艦)縮尺:1/200(Wikipedia
 航空戦艦への改装後で、複数の艦載機を搭載した状態で展示されています。

利根(一等巡洋艦)縮尺:1/200(Wikipedia
 複数の艦載機を搭載した状態で展示されています。

武蔵(戦艦)縮尺:1/200(Wikipedia
 竣工当初の姿で、複数の艦載機を搭載した状態で展示されています。

 戦時中に軍艦を造ることで培われた造船技術は、戦後にますますの発展を遂げました。

日精丸(タンカー)縮尺:1/100(Wikipedia
 石川島播磨重工の呉第一工場で製造された、日本船籍史上最大の船舶で、その全長は378.85mに達しました。
 号鐘とともに展示されています。

 大型資料展示室では、以下の資料が展示されています。

酸素魚雷Wikipedia
20140504-133036161-1.jpg
 九三式魚雷の全体模型、推進部(実物)、パーツ(実物)のほか、呉海兵団で教育目的に供されていた二式魚雷が展示されています。
 魚雷のエンジンの燃焼に必要な空気は、魚雷の中に圧縮されて格納されていましたが、燃焼後の排気を機外に排出する際に、その気泡(窒素など)が雷跡となって、水上からの発見を容易にしていました。
 対して、酸素が燃焼した際に発生する二酸化炭素は水に溶けやすく(学校の理科の実験で二酸化炭素を作る際、水に溶けやすいので水上置換法が使えず、下方置換法を使ったはずです)、雷跡が見えにくい(余談ですが、アニメ「ジパング」で「二酸化炭素を放出してい(て雷跡が目視でき)たから米軍の魚雷だ」のような台詞がありましたが……お察しください)ため、各国では窒素などの不純物を含まない酸素による魚雷の開発にしのぎを削っていましたが、酸素は爆発的な燃焼を引き起こすため、その開発は困難を極めました。
 呉海軍工廠は酸素魚雷の開発に成功し、大戦中に実戦投入されました。
 酸素魚雷を大戦中に実用化できたのは日本だけでした。

・八八式三型潜望鏡
 昭和10年に現・ニコンが開発した潜望鏡です。
 潜望鏡は、多数のレンズの集大成であることから、わずかなレンズの歪みや設置の狂いが品質に影響する、非常に精度の高い製造作業を要する機器ですが、昭和13(1938)年には、世界最高品質の潜望鏡を開発したとのことです。

回天Wikipedia)十型 試作型
20140504-133056163-1.jpg
 人間魚雷として悪名高い、特攻兵器・回天です。
 大和ミュージアムでは、電気推進による九二式魚雷を改造(中央部に操縦席を追加)して作られた試作型が展示されています。
 実戦に使われたのは、先述の九三式魚雷を改造した回天一型とのことです。

 展示品の試作型は全長9m、操縦室の直径はわずか70cmで、実戦に使われた回天は全長15m程で一回り大きいとはいえ、この中に入って出立した方々の思いなど……今の我々が考えることなどできるはずがありません。

零式艦上戦闘機Wikipedia)六二型 中島82729号
20140504-133822177-1.jpg
 最近では「永遠の0」「風立ちぬ」で立て続けに題材にされたゼロ戦です。
 琵琶湖に不時着水し、昭和昭和53(1978)年に引き上げされた機体が、海軍二五番(250kg)爆弾、栄三一甲型エンジンとともに展示されています。
 近くからではありませんが、上から操縦席を覗くこともできます。

海龍(特殊潜航艇)(Wikipedia
20140504-134054186-1.jpg
 海中で飛行機のような操縦性を実現しようとした、2人乗りの潜航艇です。
 静岡県沖で戦闘により沈没し、昭和53(1978)年に引き上げされたものが展示されています。
 魚雷を2発積むことができ、大和ミュージアムでもその状態で展示されていますが、実際の戦争末期には魚雷にも事欠く有様で、実質的には魚雷を使わず体当たりによる攻撃を行う、回天と同じ特攻兵器として生産されたようです。
 実戦投入される前に終戦を迎えることができました。

・三菱 零式艦上戦闘機Wikipedia)五二型 スケルトンモデル 縮尺:1/18
 内部構造がわかるよう、左半分が外装のない状態で作られた模型が展示されています。

甲標的(潜航艇)(Wikipedia)撮影用内部セット
 NHK名古屋放送局のドラマに使われた、撮影用セットが展示されています。

 また、呉海軍工廠の砲熕(ほうこう:砲や機銃などの兵器)技術の一例として、次のものが展示されています。

20140504-134146190-1.jpg

青葉(一等巡洋艦)20センチ主砲身
 昭和17(1942)年の修理の際に取り外されたものが展示されています。

・46センチ九一式徹甲弾・41センチ九一式徹甲弾Wikipedia
 水面に落下後、沈まずにそのまま水中を進み、敵艦の水面下に当たり、浸水させるものです。

・46センチ三式弾Wikipedia
 対航空機用の砲弾で、発射後に空中で中身をばら撒き、航空機を撃墜する効果を狙いました。
(余談ですが、宇宙戦艦ヤマトにも同名の砲弾が登場し「デスラー総統座乗艦を前時代的な兵器でフルボッコにする」というカタルシスを得られる演出に使用されています)

・12.7センチ高角砲弾

 資料には「もの」「紙」の他、再現CG映像なども織り交ぜており、見応えがありました。
 しかし、資料の量が膨大で、連休中で人が多かったこともあり、すべてを見て回ることができませんでした。
 興味のある方は、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。
 一生に一度だけでも、見に行く価値はあると思います。

 なお、呉市付近には、以前の日記にも書いたてつのくじら館のほか、海上自衛隊呉基地護衛艦一般公開や、江田島市の海上自衛隊第1術科学校(旧・海軍兵学校)など、海軍にまつわる資料館が数多くあります。
 すべてを見学するには、時間的にも、体力的にも、一日では到底無理かと思いますので、その点をご注意いただければと思います。



↓読まれた証に、一押しお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私、気になります!
月別アーカイブ
プロフィール

部屋で鯉。の人

Author:部屋で鯉。の人



にほんブログ村 観賞魚ブログ コイ・錦鯉へ
にほんブログ村

私、気になります!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
私、気になります!