スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天文台で泳ぐ宇宙メダカに会ってきた話

CIMG9286-1-1.jpg

鳥取市のさじアストロパークに棲んでいる宇宙メダカに会ってきました。

CIMG9281.jpg

宇宙メダカとは、文字どおり宇宙から帰ってきたメダカなのですが、さじアストロパークの宇宙メダカは、1994年にスペースシャトルに乗り込んだメダカの子孫たちにあたります。

CIMG9278.jpg

彼らメダカは、脊椎動物の無重力環境下での生殖実験、すなわち、人類が宇宙に進出した際に、人類や家畜が無重力でも繁殖できるのかを確かめるという大役を担って宇宙に飛び出しました。

CIMG9279.jpg

その子孫(文字どおり宇宙で生まれたメダカ+地球帰還後に生まれたメダカ+その子孫)の一部が、ここさじアストロパークに棲んでいます。
スペースシャトルでの実験後21年の時点で、23世代目になるとのことです。

CIMG9283.jpg

「さじアストロパーク」という名前は周辺施設も含めた総称のようで、この建物の正式名称は「佐治天文台」であり、国内有数の口径を誇る103cm屈折望遠鏡のほか、プラネタリウムなどの関連施設を備えています。

CIMG9229-1-1.jpg

これが103cm屈折望遠鏡です。
でかいです。

CIMG9227.jpg

写真だと大きさが伝わりにくいですが、望遠鏡の下についているちょっと太めの小さな望遠鏡(普通の天体望遠鏡でいうファインダー)の口径が、20cmです。

口径20cmの望遠鏡を持っていれば、アマチュア天文家としては十二分に胸を張れると思うのですが、ここではそれがファインダー扱いですよ、かつて天文少年だったお父さんたち。



なお、さすがに口径20cmの望遠鏡だけでは視野が狭いのか、この望遠鏡にさらにファインダー(ファインダーのファインダー)がついています。
また、上の写真だと隠れてしまっていますが、ファインダーとは別に口径15cmの屈折望遠鏡も設置されています。

なぜ口径が103cmなのかを伺ったところ、
「他の天文台と競って少しでも大きな口径を目指していた時代だったので、他の100cm望遠鏡に負けないように103cmにしたんじゃないですかね・・・」
と、ちょっと頼りないお返事でした。

CIMG9234.jpg

個人的には、インチサイズで作ったんじゃないかと思うのですが、103cmというのがインチだと微妙に割り切れないんですよね・・・。
(40インチだと1016mm≒102cmに、41インチだと1041.4mm≒104cmになる)

CIMG9250.jpg

資料室には、天文関係の書籍のほか、有名人(天文学者、宇宙飛行士、アマチュア天文家、コメットハンター、芸能人などなど)の色紙、アポロロケットの模型があります。

CIMG9268-1.jpg

この辺の本は、昔、天文計算に憧れた(けどパソコンのスペックが足りなくてあきらめた)世代には懐かしいものがあります。
今ならGoogle Sky Mapで済んじゃったり・・・。

さじアストロパークの敷地内には、天文ドームを備えたコテージが4つもあり、宿泊が可能だそうです。

CIMG9291-1.jpg

コテージ「セレス観測所」(「ケレス」って言いたくなりますが・・・)
40cm反射望遠鏡+12.5cm屈折望遠鏡を備えています。

相当品はこのあたりでしょうか。


CIMG9285-1-1.jpg

コテージ「パラス観測所」
31cm反射望遠鏡+10.5cm屈折望遠鏡を備えています。

相当品はこのあたりでしょうか。


CIMG9287-1.jpg

コテージ「ジュノー観測所」
15cm屈折望遠鏡を備えています。
この望遠鏡は、103cm望遠鏡に取り付けられている15cm望遠鏡と同じものだそうです。

相当品はこのあたりでしょうか(屈折式で口径15cmはなかなか見つかりません)。


CIMG9289-1.jpg

木がかぶってよく見えませんが、コテージ「アストラエア観測所」
12.5cm屈折望遠鏡を備えています。
「ここまで4大小惑星の名前を使ってて「ベスタ」じゃないんかい!」というツッコミが怖い。

相当品はこのあたりでしょうか(口径127mm=5インチで検索しています)。


コテージによって望遠鏡の口径が違うのは、利用客のニーズ(見たい天体)によって使い分けができるようになっているのでしょう。
自動導入装置や、持ち込みカメラを望遠鏡に接続する器具の貸し出しを受けることも可能とのことです。

CIMG9292-1.jpg

コテージ以外にも宿泊施設があり、103cm望遠鏡による観望会も開かれているようです。
自然が豊か(真昼間なのにキツネが出てきました)で周りに邪魔するものが何もなく、晴れた日の夜にはいろんな天体を観測できるんじゃないかと思います。
機会があれば、泊まりで真夜中の星空大会を体験してみてはいかがでしょうか。

鳥取市さじアストロパーク
http://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1425466200201/

スポンサーサイト

theme : 星・宇宙
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
私、気になります!
月別アーカイブ
プロフィール

部屋で鯉。の人

Author:部屋で鯉。の人



にほんブログ村 観賞魚ブログ コイ・錦鯉へ
にほんブログ村

私、気になります!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
私、気になります!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。